性器にできたヘルペスは病院に行く時に何科を受診すればいいのか?

性器にヘルペスができるとなるとやはり病院に行くのが怖いとか、医師に見せるのが恥ずかしいと言ったことが起こりえます。そういうことで治療が遅れてしまい治癒するのが遅くなるとなると不安になるのではないでしょうか。いざとなる時には病院にかかるべきなのですが、実際に何科を受診すればいいのかと言ったことについて紹介していきます。

男性であれば泌尿器科、女性であれば婦人科

性器ヘルペスと言うことで受診をするのであれば、性的なことを見てくれる受診科で治療を行ったほうがいいでしょう。男性であれば泌尿器科女性であれば婦人科(女性科)などで見てもらうというのが一般的で、そういう診療科が近くに無いのであれば、皮膚科でも構いません。

 

治療は抗ウイルス剤を用いる

性器ヘルペスはありふれた病気に当たりますので、よっぽど重症化していないということであれば入院をすることは無く、診察や検査に関しても簡単に終わって、抗ウイルス剤の飲み薬もしくは塗り薬をもらって帰ります。病気自体は2週間ぐらいで自然に治癒していきますが、これ以上ひどくならないためにも医療機関に行って治療を受けた方がいいです。

診察に関しては患部を見て性器ヘルペスかどうかを判断し、局所部分の水ぶくれからウイルスを採集して調べたりもします。初感染時の方が排尿できなかったり、頭痛が出たりというような全身的な症状が出ることがありますので、十分に注意したいところです。

 

男性と女性とで診療科が違う

性器にヘルペスができた場合と言うのは患部を見せるのが恥ずかしいことがあり得ます。こういう時にもきちんと対応してくれる心証化に行ったほうが治りが早かったりします。男性なら泌尿器科に、女性なら婦人科に行くといいでしょう。

性器にできたヘルペスの感染経路のほとんどが性行為が原因だ

性器にできたヘルペスをどうやって治療していくのか?

関連記事

  1. 性器にできたヘルペスをどうやって治療していくのか?

    性器にできたヘルペスは一度体内に潜伏してしまうと完全に退治する方法が現在の医学ではないと言ってもいい…

PAGE TOP