性器にできたヘルペスの感染経路のほとんどが性行為が原因だ

性器にできたヘルペスと言うのはどういうところから感染をするのでしょうか。ヘルペスに感染すると完治をするということが無いですから、なるべくならば感染しないということが重要になっていきます。そういうことで感染経路についてよく理解しておくことが大切です。

性行為によって感染するのがほとんど

性器ヘルペスの初感染と言うのは多くの場合性行為によって感染すると言ってもいいでしょう。性行為の相手の性器にできていたヘルペスから感染するというパターンが多いです。いくら本人が健康であっても、皮膚や粘膜にできた目に見えないくらいの傷口から感染するということだってあり得ます。感染源となった人が性器ヘルペスという自覚がない時に、感染したというパターンまであります。

性行為以外であれば、口唇ヘルペスのウイルスがオーラルセックスで性器に感染したり、口唇ヘルペスの患部を手で触れた後に、相手の性器に触れるということで感染することもあり得ます。ウイルスが付いたタオルや便座から感染する可能性もあります。

相手の性器にできたヘルペスが主な原因となっている場合と言うのは2型のヘルペスウイルスが多いのに対して、唇や口にできたヘルペスが主な原因となっている場合と言うのは1型のヘルペスウイルスが性器に感染して、性器ヘルペスになることもあります。注意してほしいのは性器ヘルペスや口唇ヘルペスにかかっている人と性交渉をしないということです。

ヘルペス症状が出ている人とは性交渉をしない

性器ヘルペスの原因の多くは性交渉によって2型のヘルペスウイルスが感染するというケースです。まれに1型のヘルペスウイルスが原因で性器ヘルペスにかかる場合もあります。どちらにしても、ヘルペスにかかっている人とは性交渉をしない方がいいです。

性器にできたヘルペスにかかったらパートナー同士が治療を行う

性器にできたヘルペスは病院に行く時に何科を受診すればいいのか?

関連記事

  1. 性器にできたヘルペスにかかったらパートナー同士が治療を行う

    性器にできるヘルペスは性感染症に当たりますので、結果的にパートナー同士でうつしあうということもあり得…

PAGE TOP