性器にできたヘルペスにかかったらパートナー同士が治療を行う

性器にできるヘルペスは性感染症に当たりますので、結果的にパートナー同士でうつしあうということもあり得ます。どちらかに感染が確認された場合は両方ともきちんと治療を受けた方がいいでしょう。パートナー同士が治療を行うことで二次被害を防ぐことにもつながってきます。

まずは感染しないことが重要

性器ヘルペスで感染する可能性が高い場合と言うのは性感染があります。セックスによって性器を密着させたり、キスをしたりすることによってヘルペスが感染したりします。普通は片方が感染者になっていれば、もう片方も感染する可能性が高いです。結果的に両方とも感染するということにもなりかねませんので、まずは感染しないということが大切です。

 

うつさないということも重要

もし性器ヘルペスに感染したという人であっても、日頃からうつさないということが重要になります。神経細胞に潜伏している間と言うのは別にキスやセックスをしたとしても相手に感染するということは少ないです。それでも、きちんとコンドームを付けるなどの対策はしたほうがいいでしょう。

 

感染が確認できた段階で両方とも治療に向かう

どちらかが性器ヘルペスに感染しているということが分かったのであれば、両方とも治療に向かったほうがいいです。治療の結果感染していないということが分かったのであれば安心する材料にもなります。早期で治療をすることができれば治りが早くなります。

 

お互い性器ヘルペスにかかっているかどうか気をつける

性器ヘルペスはどちらかがかかっていれば、もう一方もかかっている可能性が高いです。まずは感染しないということを目指すわけですが、感染した時には相手にうつさないということが重要で、感染が確認できた段階で両方とも治療をした方がいいでしょう。

性器にできたヘルペスの感染経路のほとんどが性行為が原因だ

関連記事

  1. 性器にできたヘルペスの感染経路のほとんどが性行為が原因だ

    性器にできたヘルペスと言うのはどういうところから感染をするのでしょうか。ヘルペスに感染すると完治をす…

PAGE TOP