性器にできたヘルペスは男女で症状が異なるものなのか?

性器にできたヘルペスと言うのは性感染症の一種です。性器ヘルペスは最も一般的な性感染症の一つで、最近ではGHとも呼ばれています。性的な接触によって単純ヘルペスウイルス2型が感染して、性器やおしりの周辺に水ぶくれができるというのが基本的な症状です。性器ヘルペスは男女で症状が異なってくるものなのでしょうか。

女性の方が患者数が多い

性器ヘルペスは一回感染してしてしまえば、完治をするということはありません。一回単純ヘルペスウイルス2型が体内に入り込んでしまうと、神経細胞に住み着いて潜伏してしまいます。初感染後に免疫ができたとしても、体力の低下などがあれば再発します。再発しないように気をつける必要がありますし、再発したとしたら早めに治療することが大切です。

日本において性器ヘルペスの患者数の割合は20代の性交渉が活発になる年代で多くなります。どの年代も男性よりも女性の方が患者数が多いということもあって、女性がかかりやすい病気と言うことが言えます。単純ヘルペスウイルス2型に感染している人のうち60%は何らかの症状が見られるにもかかわらず、本人が気づいていないということが言えます。自覚症状が見られない場合も多く、本人が気づいていないために、性交渉を通して感染が広がっているというのが現状です。

 

性器ヘルペスの男性の症状

男性の場合は亀頭陰茎部にできるということが多く、太ももおしり肛門周囲などに出ることがあります。セックスなどでウイルスに感染してから4日から10日ぐらいの潜伏期を経て、こういう部分にかゆみヒリヒリ感が出てきたりします。患部表面にそういう症状が出て来てから、かゆみを伴う赤いブツブツ水ぶくれができます。

こういう症状が見えてきたら、ウイルスがたくさんあるということの表れですので、このタイミングで治療に行ったほうがいいでしょう。ブツブツや水ぶくれができてそれが破れて潰瘍ができると強い痛みが伴って発熱が出ることもありますし、太もものリンパ節の腫れや痛みなども見られたりします。似たような症状として性器カンジダと言う症状もありますので、早めに治療に行くべきです。

 

性器ヘルペスの女性の症状

初感染時については女性の方が重症化しがちですので気をつけた方がいいでしょう。女性の場合は外陰膣の入り口おしりが多くて子宮頸管膀胱まで感染が広がるということもあり得ます。最初はこういうところにかゆみヒリヒリ感が見られたりしますが、次第に患部に水ぶくれや潰瘍ができたりします。

ひどくなると強い痛みで排尿が困難になったり、発熱を伴ったりします。太もものリンパ節の腫れや痛みが見られます。ウイルスが髄膜にまで達したら髄膜炎を起こす場合もあって、この場合は激しい頭痛や排尿困難になったりします。下半身に今までにない違和感や異変を感じたのであれば、すぐに病院に行って治療をしてもらうのがいいでしょう。

再発する場合は水ぶくれなどができる程度の軽い症状で終わるのが一般的です。再発しそうだなと言う時には、局所がむずむずしたりしますのでわかるという人もいるほどです。

 

初感染時は女性のほうが重症化しやすい

性器ヘルペスに初めて感染した場合は、男性に比べると女性のほうが重症化しやすいです。場合によっては髄膜炎を発症して排尿困難や歩行困難で入院するケースすらあります。女性であれば十分に注意をしておきたい感染症の一つです。

PAGE TOP